東京で埋没法の施術を受けてみた

外国人のようなパッチリとした目元に憧れていた

外国人のようなパッチリとした目元に憧れていた費用が切開術と比較するとかなりお手頃口コミ評価の高い医療機関を選ぶことが大切

元々一重まぶたで外国人のようなパッチリとした目元に憧れていたこともあり、少しでも印象的な目元を作り出すためにもアイメイクは毎回きちんと行っていました。
特に二重化粧品の利用は欠かせず、毎回専用の二重化粧品で擬似的に二重まぶたを作っていたのですが、汗をかいた時や水に塗れてしまった時などに外れてしまうことも多かったので、外出先で困った経験も多くどうにか対策をしたいと考えていました。
また毎回二重化粧品を利用していたことも影響して、デリケートなまぶたに細かな小じわが付いてしまったことにショックを受けて、このままでは目元のダメージが悪化してしまうと危険に感じたので、きちんと医療機関で受けられる二重整形を行うことに決めました。
ただ東京にある美容整形外科などで受ける二重整形の施術は、メスを利用した切開手術が基本と考えていたので実際に手術を受けるにあたって、ダウンタイムの時間などを考慮して休日が取得できる時期などを調整する必要があると計画していたのですが、実際に医療機関で診察を受けた際に医師にからメスを使用せず、切開なしで行える埋没法の説明を受けました。
埋没法は特殊な医療用の糸を利用し、まぶたの二重ラインを決めて約2〜3ヵ所固定する方法です。

埋没法 東京線で固定のティーズクリニック